静岡市葵区の「ホロス カイロプラクティック整体院」 首痛/肩こり/背中痛の根治を求める方へ

頭痛、めまい、首痛、肩こり、背中痛、腕や手の痛みやしびれ、
 これらの症状の多くは 首の歪み が原因です。
  さああなたも、首の歪みを整えて一日も早く楽になりましょう!
ホロス カイロプラクティック整体院

静岡市葵区のホロス カイロプラクティック整体院


背骨と骨盤のしくみ

ゆがみのポイントは脊柱

脊柱を後ろから見ると(左右のゆがみ)

体を支える骨格の中でも、特に大黒柱と言える大切な役割をしているのが脊柱です。

脊柱01,カイロプラクティック

右図は、体を真後ろから見たときの脊柱の図です。

脊柱は、頭蓋骨の直ぐ下から始まり、

  • 首は頚椎と呼ばれる7個の椎骨
  • 背中は胸椎と呼ばれる12個の椎骨
  • 腰は腰椎と呼ばれる5個の椎骨

と続きます。そして、これら24個の椎骨の土台となっているのが骨盤で、骨盤は仙骨腸骨から成り立っています。

一般に、背骨と言えば胸椎と腰椎を指すようです。
また、胸椎はそれぞれ肋骨(ろっこつ)とつながっています。

24個もある椎骨の1つ1つは、筋肉によって左右に回旋したり、前後に傾くことができるため、我々は上を見たり、後ろを振り返ったり、背中を丸めて落ちたものを拾ったり自由にできるわけです。

自在に曲がった脊柱は、通常は筋肉の力のバランスによって元の真っ直ぐの状態に戻ります。

ところが、何かの原因で椎骨が回転したままになったり、後ろにズレたりしたままになってしまうことがあります。

特に、土台となっている骨盤が傾けば、その上に立っている柱である背骨も傾いてしまいます。
この時、仙骨が右に傾けば、脊柱全体は右に傾くわけですが、体全体を右に傾かせたまま歩いている人は見たことが無いでしょう。(たまにいますが)

そうです。重力を感じて無意識に真っ直ぐ立とうとするため、結果として数ヶ所の椎骨を左右にゆがませてつじつまを合わせようとしてしまうのです。

左右へのゆがみの例

身体のゆがみ,カイロプラクティック

右図は、右側の腸骨が下がる方向にゆがんでしまった場合の例です。

この図の人は、土台である仙骨が左に傾き、背骨全体が左に傾くものの、まず腰椎で右に修正し、胸椎でそれをまた左に修正し、頚椎で再び右に修正しています。

また、腸骨が下がると下につながっている足の骨は引き上げられるため、右足が短くなってしまっています。

結果として「写真を撮った時にいつも頭が右に傾いている」とか、「よく左足を引っ掛けてつまずく」といったことでゆがみに気づくでしょうが、実際には矢印の箇所が全てゆがんでしまっているのです。

このように脊柱にゆがみが生じると、次に示すような様々な問題が起こってきます。

椎骨の構造と神経圧迫

脊柱02,カイロプラクティック

右図は、腰椎の部分を右側から見た図です。

図のように、硬い椎骨と椎骨の間には柔らかい軟骨があるために、脊柱は前後左右に自在に曲がることができます。1つ1つの椎骨の動きは小さくても、24個もあるために全体として大きな動きになるのです。

ここで注目したいのは、各椎骨の間には図のように神経が通っています。この神経は脳からずっと脊柱の中を通ってきており、仙骨から更に足の方まで伸びています。

前述のように脊柱にゆがみが生じた場合には、椎骨の間が狭くなる部分ができますが、各神経は椎骨の間から各器官に向かって出ているため、神経が圧迫されてしまうのです。

当然、神経が圧迫されれば痛みが出ます。更に、慢性的に痛みが続けばしびれやマヒが生じることもあります。

この時、頚椎から出ている神経は腕の方に伸びているため、頚椎がゆがめば腕や指の痛みやしびれやマヒが起きる可能性があります。
同様に腰椎から出ている神経はお尻を通って足の方に伸びているため、腰椎がゆがめばお尻や足の痛みやしびれやマヒが起きる可能性があります。

更に、脊柱全体からは、内臓を制御している自律神経が出ていますから、例えば胃に向かっている神経を圧迫していれば胃に問題が起きるでしょうし、心臓に向かっている神経を圧迫していれば心臓に問題が起きる可能性があるわけです。

このように、たかが背骨のゆがみと油断していると、とんでもない病気にもなりかねないのです。


脊柱を横から見ると(前後のゆがみ)

よく、「背骨が真っ直ぐ」と言いますよね?
上記の説明でご理解いただいたように、背骨が真っ直で良いのは脊柱を真後ろから見た場合です。では、背骨は真っ直ぐであれば良いのでしょうか?

今度は脊柱全体を横から見てみます。

脊柱03,カイロプラクティック

脊柱は横から見ると、、

  • 頚椎の前弯(前にカーブ)
  • 胸椎の後弯(後ろにカーブ)
  • 腰椎の前弯(前にカーブ)

という3つのカーブを持っています。

この3つのカーブがあることによって、体全体の重さを分散して、バランスよく支えることができるのです。

また、それぞれのカーブは重心線(図の赤線)に沿ってキレイに並んでいる状態が最も安定した状態です。

しかし、カーブが崩れてしまうことがあります。
皆さんが良く知っている典型的な崩れ方は「猫背」ですが、これは胸椎の後弯がありすぎる状態です。
逆に胸椎の後弯が無くなってしまっている状態は平背と呼びます。

このようにカーブが崩れたらどうなるのでしょうか?

猫背の場合には、頭が前に出てしまうことで多くの方が肩こりに悩まされることになりますし、肺や胃が圧迫されるため、常に息苦しく感じたり、常に胃のもたれを感じることもあります。

また、腰椎の前弯が過剰になれば、慢性的な腰痛に悩まされることになりますし、逆に腰椎の前弯が無くなれば、腰椎が大変ズレやすく、危険な状態になってしまいます。

このような前後へのゆがみは、自分では意外に気づいていないことが多く、「疲れやすい」とか、「上を向いて眠れない」といった症状を訴えて来院されることが多々あります。

長い時間をかけてゆがんでしまった脊柱は、1度や2度の矯正では元に戻りません。例え戻ったとしても、筋肉の癖によって、直ぐにまたゆがんだ状態に戻ってしまうでしょう。

しかし、ゆがんだままにしておいたら、痛みやしびれは永遠に良くならないのです。長い年月をかけてゆがんだ体は、じっくりと時間をかけて治す覚悟が必要です。

更に、「全身痛い」とか「酷い不眠症」などという症状を訴える方の中には、頚椎と腰椎が逆に後弯してしまっているといった酷い状態で来院される場合もあります。
このような方は、本当にじっくりと年単位の矯正が必要ですが、そのことをお伝えすると営業トークと勘違いされることがあり、悲しい思いをしたことが何度かあります。
このHPを読まれた方は、わかって下さいね。

「ゆがんでいるかもっ!」と思ったら、当院にご相談下さい。

▲上に戻る Home


院長 日比 亨 (とっと院長)
ホロス カイロプラクティック整体院
静岡市葵区常磐町2丁目6−1 〒420-0034
TEL 054−254−7070
※初めての方は、お電話の前に必ず よくあるQ&A をお読み下さい。
お電話受付時間 営業日の9:00〜19:00
定休日 
日曜日、祝日
ご質問は、メール相談窓口までどうぞ。